1. HOME
  2. ブログ
  3. ECサイト
  4. 【製造業必見】製造業がECサイトを運営する7つの理由

新規開拓ノウハウ

新規開拓に役立つ情報を掲載中

ECサイト

【製造業必見】製造業がECサイトを運営する7つの理由

【製造業必見】ECサイトを運営する7つの理由

ECサイトで商品を購入する場合、基本的に複数のメーカー商品を取り扱うモール型ECサイトで購入する方が多いと思います。

しかし、数年前から各メーカーが公式ECサイトで商品を販売をして、直販の形で購入できる流れが増えてきているのはご存知でしょうか。

その理由には製造業だからこそ、やるべき理由が多く隠されています。
本記事では、製造業がECサイトに取り組むべき理由についてわかりやすく解説いたします。

製造業がECサイトに取り組みべき7つの理由

製造業がECサイトに取り組むべき理由として、主に以下の7つが挙げられます。

1.商品力を高めやすい
2.初心者の方でも売りやすい
3.疑似ショーケース戦略
4.大きな売り上げを狙わなくても事業拡大を狙える

5. 価格競争力が強いため有利
6.資金繰りがよくなる
7.ブルーオーシャンだから

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

1.商品力を高めやすい

製造業がECサイトに取り組むべき1つ目の理由として「自社製造商品のため商品力を高めやすい」ということが挙げられます。

つまり圧倒的な商品力で差別化ができるということです。また自社製品そのものだけでなく、パッケージやコンセプト、ブランディングまですべて自社の思い通りに設計できるため、代理店や卸売商材では実現出来ない自由度の高い商品開発が可能になります。
高級路線で高利益を目指すことも、費用を抑えて廉価品で顧客を広げることも、自社の戦略に合わせて柔軟に展開ができます。
さらに、ECサイトは商品の高さが売上に直結する販売チャネルになるため、強みを生かした商品設計は顧客の差別化や顧客の信頼を大きく獲得することができるでしょう。

2. 初心者の方でも売りやすい

2つ目の理由が「目的購入が多いため初心者の方でも売りやすい」ということです。

まず目的購入とは、使用目的がはっきりしている購入のことをいいます。
特にBtoB向け商材を取り扱っている企業に言えることですが、法人向けの商材を購入する人はすでにどのような商品がほしいのか明確な目的を持っています。そのため、その顧客に対して自社ブランドの認知を広げる施策は必要なく、商材の機能やスペックを掲載するだけで購入意欲を高めて売上につなげることができます。
要するに、商品をECサイトに掲載するだけで売れるような仕組みができるということになります。

さらに、目的購入が多いということは上述でも少し触れていますが、すでに顕在的なニーズを持っているので認知を広げる広告も他の商材に比べて必要性が低くなります。例えば、認知を広げるSNS広告や新聞、TVといったマスメディア広告といった広告はあまり必要なく、逆に顕在的ニーズのユーザーにアプローチをするリスティング広告やリピーター獲得施策であるメルマガ配信などが効果的です。なので、集客の観点でも他の商材を販売するよりも製造業のECサイト運営は比較的売れやすくなります。

3.疑似ショーケース戦略

疑似ショーケース戦略は弊社が名付けた造語ですが、要するに「在庫を持たなくても、あたかも豊富な商品ラインナップを掲載しているかのように見せかける戦略」のことをいいます。

通常、製造業の場合、商品の注文が入る前に在庫を抱えて各販売店に商品を卸します。そうすると当然在庫が売れ残るリスクが発生してしまいます。しかしECサイトがあれば、在庫がなくても商品の在庫があるようにWeb上で魅せることができるので在庫リスクを侵さずに購買につなげることができます。

さらに、自由に自社商品の種類を増やすことができるので、特定商品の幅広い種類を掲載すれば豊富なバリエーションによる専門店としてのイメージを高めることもできます。
このような戦略は製造業のECサイトにしかできない裏技になるのでぜひ自社の戦略に取り入れてみてください。

4 .大きな売上を狙わなくても事業拡大を狙える

こちらも法人向け商材の製造業でよくあるケースですが、製造業がECサイトを運営する場合、従来の営業活動ではリーチ出来なかった潜在顧客と接点を持つことがあります。

例えば、弊社では過去のWeb上から商品を購入してくれた顧客からオフラインでの取引の相談や実際に取引に繋がったケースもあります。そのため、ECサイトでのネット販売は既存顧客との関係強化にも非常に有用なツールとなり、今後の新たな新規事業の可能性にもつながる要素と言えるでしょう。

\ ECサイトについて /

5.価格競争力が強いため有利

下請けの製造業がネットショップを運営することで、価格競争が高くなる理由は「中間マージンがなくなるから」です。

従来の販売形態では、メーカーや卸売業者、小売業者などの複数の流通業者を経由して商品が消費者の元に届けられます。
各業者が利益を乗せるため、商品の価格が当然高くなるわけです。

一方、ECサイトで販売することで流通経路を挟む必要がないので、中間マージンをカットして販売コストを削減することができます。結果、大量生産も可能になり、低価格で商品を提供することが可能になります。

6.資金繰りが良くなる

製造業の販売方法として、オフラインの販売よりもECサイト販売の方が圧倒的に資金繰りが良くなるというメリットがあります。

従来の取引の場合、自社販売を行わず、代理店や販売店に商品を卸して販売を委託するのが主流です。
ただそうすると代理店から顧客への販売代金の回収までが長いため、売掛金の支払い期日が長期的になる傾向があります。

一方、自社商品をネット販売するとクレジットカード決済やコンビニ払いになるため遅くても翌月末までには現金が回収ができるので資金繰りの改善に大きく役立ちます。さらに、販売店による手数料がないので利益率も良くなり全体的な売上向上が見込めるのももう一つのメリットといえるでしょう。

7.ブルーオーシャンだから

製造業がECサイトを運営するべき理由の最後は「製造業のECサイト運営はブルーオーシャン」ということです。

製造業という業種は、その他の業種に比べて参入企業があまり多くありません。そのため、もちろんECサイト運営をする企業も少ないわけです。そうした状況下の中で、早くにECサイト運営に取り組むことでトップのシェアを占める可能性が広がっていると言えます。

まとめ

近年、製造業を取り巻く環境は日々厳しさを増しています。しかし、そんな中でも中小製造業にとって大きな可能性を秘めているのがECサイトによるネット販売です。その理由は以下の通りです。

▼製造業がECサイト運営をする理由 

1. 自社製造商品による商品力の高さ 
自社で製造した製品を販売するため、品質や機能に自信を持って顧客に訴求できる 

2. 目的購入の多さによる販売のしやすさ 
明確な目的を持って購入する顧客が多いため、販売戦略を立てやすく、初心者でも比較的売れやすい 

3. 疑似ショーケース戦略による認知度向上 
ECサイトは、販売だけでなく自社のブランドや製品を広く認知してもらうためのツールとしても活用できる 

4. 少ない売上でも事業拡大に繋がる可能性 
大きな売上を目標とする必要はなく、少量でも安定した売上を確保することで、事業拡大に繋げることができる 

5. 下請け企業の価格競争力 
下請けとして製品を製造している企業にとって、ネット販売は、中間業者を挟まずに製品を販売できるため、価格競争力を高められる 

6. 資金繰りの改善 
ECサイトのネット販売は、従来の取引と比べて売掛金の回収期間が短いため、資金繰りが改善される 

7. 競争相手が少ないブルーオーシャン市場 
製造業のECサイト販売は参入企業が少ないため、競争をさけて独自のポジションを築きやすい環境 

製造業のEC販売は、製造業がもつ強みを最大限に活かせるツールです。
自社商品を直接顧客に販売することでブランドの価値を高めて新たな顧客を獲得し事業拡大を実現することができます。

関連記事