1. HOME
  2. ブログ
  3. 新規開拓
  4. Webマーケティングとは?仕事内容や費用とWebマーケティング会社の選び方

新規開拓ノウハウ

新規開拓に役立つ情報を掲載中

新規開拓

Webマーケティングとは?仕事内容や費用とWebマーケティング会社の選び方

WebマーケティングやSEO、リスティング広告、LPO…という言葉はよく聞きますが、一体それぞれ何をしているのか?デジタルマーケティングと何が違うのか?など意外とその詳細についてご存知でない方も多いのではないでしょうか?

本記事では、売上向上を目的としてWebマーケティングに触れる方に向けて、Webマーケティングの仕事内容や費用、Webマーケティング会社の選び方などWebマーケティングの基本を解説いたします。

Webマーケティングとは、その名の通り、Webを活用した集客活動のことを指します。

マーケティングという用語を難しく捉えている方も多いと思いますが、わかりやすく説明すると「商品やサービスを多くの顧客に購入してもらうための集客活動」をいいます。

商品やサービスを顧客に買ってもらうためにはまず、その商品やサービスを知ってもらうことや興味を持ってもらうことが重要になります。そこから顧客が「この商品欲しい!」「このサービスを使ってみたい!」と思ってもらって初めて購入につながります。

このように顧客の消費行動の一連を把握して、商品をどのように買ってもらうのかの仕組みを作るのがマーケティングの大きな役割になります。
さらに、この売れる仕組みをWebを活用して販促することを「Webマーケティング」といいます。

「Webマーケティング」と「デジタルマーケティング」の違い

Webマーケティングと似た意味としてデジタルマーケティングという言葉があります。

どちらもWebを使ったマーケティング活動なのですが、この2つには明確な違いがあります。
それは、Webマーケティングはデジタルマーケティングの一部であるということです。

マーケティング図解

Webマーケティングの活動目的は、いかにWebサイトへの流入を増やしてコンバージョン(購入や資料請求などの成果数値)につなげるかという視点で運用を行います。 具体的に、リスティング広告やSEO、データ解析などの効果測定を行いコンバージョン数の成果を向上させます。

一方、デジタルマーケティングでは、Webマーケティングで行う活動に加え、顧客の興味関心度を育成させるための活動が加わります。 具体的に、顧客管理ツール(CRM・MA)を利用して、キャンペーン情報や会社情報、ブログ情報を配信し、ユーザーとの接触機会を増やして、会社や商品、サービスに対する関心を高めていく運用になります。 ターゲットとなる顧客データの蓄積・管理を行い、AIを活用した分析から顧客理解を深めてマーケティングを行っていくので、より高度なマーケティング活動が「デジタルマーケティング」では求められます。

多岐にわたるWebマーケティングの仕事内容

Webマーケティングは、Webを使った全般のマーケティング活動になるため仕事内容は多岐にわたります。Webマーケティングの仕事領域は、大きく「企画(戦略)」と「運用(戦術)」の2つに分類されます。

企画(戦略)では、自社の商品やサービスが市場においてニーズがあるのかどうかの調査・分析をします。運用(戦術)では、企画に対する具体的な集客手法を考え、運用を行っていきます。

企画と運用の具体的な仕事内容は下記の通りです。

仕事領域仕事内容
企画(戦略)・Webマーケティング戦略
 L 外部環境分析
 L 内部環境分析
 L 目標設定
運用(戦術)・Webマーケティング戦術
 L SEO(検索エンジン最適化)
 L ローカルSEO
 L リスティング広告
 L SNS広告
 L SNS運用
 L アフィリエイト広告
 L アドネットワーク広告
 L LPO(ランディングページ最適化)
 L EFO(エントリーフォーム最適化)
 L メールマーケティング
 L リターゲティング広告
 L ウェビナー運用
 L データ分析
 L CRM

仕事領域の分類は会社によってさまざまで、Webマーケティング担当者が上記すべての仕事内容を運用しているわけではなく、この中の一部の運用を行うケースが多いです。 以下で、仕事内容について詳しく解説します。

Webマーケティングの具体的な仕事内容(上流工程)

ここでは、Webマーケティングの仕事領域である「企画(戦略)」に焦点をあてて解説していきます。

Webマーケティング戦略

マーケティング戦略とは、自社の商品やサービスが市場においてニーズがあるのか、また、ライバルとなりうる競合はいないのかなどの調査をし、ビジネスにおいての勝ち筋を見つける活動を指します。

このマーケティング戦略をWebのみに限定したものが、「Webマーケティング戦略」です。
マーケティング戦略には、戦略を立てたり、何かの要因を分析したりする際の、フレームワークが存在します。 以下では、Webマーケティング戦略における代表的なフレームワークをご紹介します。

外部環境分析

外部環境分析とは、自社の脅威となりうる外部要因が、将来どのような影響を及ぼすかを把握・予測するための分析を指します。代表的なフレームワークとして「PEST分析」があります。

具体的に、「政治(Politics)」「経済(Economy)」「社会(Society)」「技術(Technology)」の4つの外部環境を取り出して、自社に影響を及ぼす要素かどうかを精査しながら分析を行います。 ビジネスにおいて、世の中の変化や流れ、トレンドなどを把握することは非常に重要です。 例えば、少し前まで最も利用されるSNSはFacebookでしたが、今はInstagramやTikTokに置き換わっています。このように時代の流れによって日々顧客のニーズが変化するので、それに順応した施策を行わないと会社として大きな機会損失が生まれてしまいます。

内部環境分析

内部環境分析とは、自社のコントロール可能な経営資源を分析して、自社の強みや弱みを把握することをいいます。代表的なフレームワークとして「SWOT分析」があります。

具体的に、自社の商品やサービス、販売力、マーケティング力、経営能力、技術力、人材、財務力、資産、設備、生産体制、会社風土、立地、物流、価格競争力などのさまざまな要素を分析して自社の強みや弱みを把握していきます。 自社の強みや弱みに合わせて、競合他社とどのように差別化を図ることができるのかを把握することでビジネスにおいての勝ち筋を発見することができます。 強みや弱みを深く理解できていないと他社に顧客奪われる可能性があるので、内部環境分析は徹底して行いましょう。

目標設定

マーケティングで成果を出すためには目標設定は欠かせない要素の1つです。

会社や事業によって目標設定はさまざまありますが、マーケティング戦略を考えて具体的な集客手法へと落とし込むためにはこの目標設定は必ず必要になります。 また、組織として動いている以上、社員全員が会社の目標を把握して足並みを揃える必要があります。目標設定をすることで社員全を同じ方向性に向けて事業を動かすことができます。

マーケティングにおける目標設定は以下の通りです。

目標設定内容
KGI設定意味:
マーケティングのおける最終目標

例:
①売上を前年比120パーセント達成
②半年で顧客データを100から1,000にする
KSF設定意味:
マーケティングを成功させるための要因

例:
①集客チャネルの増加
②ブランド認知を拡大
KPI設定意味:
マーケティングの達成度を図るための目標

例:
①アポイントを月10件達成
②成約率を前月比20%増

目標設定には、KGI、KSF、KPIの3つの工程にわかれます。
どれか1つを設定するのではなく、はじめにKGI→KSF→KPIと順に設定していくことで短期的、長期的な視点で目標設定が行えます。

\ Webマーケティングについて /

Webマーケティングの具体的な仕事内容(下流工程)

続いて、Webマーケティングの仕事領域である「運用(戦術)」について解説します。

Webマーケティング戦術

企画(戦略)で商品やサービスが市場においてニーズがあると判断できたら、実際にどのような手法を打つことで集客につなげることができるのか「運用(戦術)」を考案していきます。

以降、Webマーケティングにおける代表的な集客手法と各手法のメリット・デメリットも合わせてを解説します。

SEO(検索エンジン最適化)

SEO(検索エンジン最適化)は、Search Engine Optimizationの略で、自社サイトのコンテンツを検索上位に表示させる手法をいいます。

GoogleやYahoo!といった検索エンジンから自社コンテンツの評価を上げることで、ページを上位に表示させ、オーガニック流入(自然検索流入)やクリック数、コンバージョン数を向上させます。
SEOは、検索エンジンの評価から上位表示の掲載が決まるため、労力と時間がかかりますが、一度上位に表示させてしまえば中長期的に多くのユーザーを集めることにつながり、結果成果にもつながりやすくなります。

SEOのメリット
①無料で始めることができる
②リスティング広告よりもクリック率が高い
③安定的にアクセスを獲得できる

SEOのデメリット
①工数や時間がかかる
②最新トレンドを常に知っておく必要がある
③専門的な知識が必要になる

ローカルSEO

ローカルSEOは、Google検索で表示されるローカル検索結果(ローカルパック)に自社の情報を上位に表示させる手法をいいます。「MEO」とも呼ばれます。

ローカルSEOは、地域密着型のビジネスを展開している会社向けの施策になります。
例えば、飲食店を運営している場合、商圏は広くても都内や県内になります。
そこで、「〇〇(地域) ランチ」「〇〇(地域) ディナー」と調べているユーザーに対してピンポイントで自社情報を検索結果に応じて表示させることができるので、集客効果が期待できます。

ローカルSEOのメリット
①地域密着型ビジネスに強い
②競合が少ない
③SEOよりも上位に掲載されやすい

ローカルSEOのデメリット
①実店舗がないとできない
②悪い口コミをされる可能性がある
③上位掲載まで時間がかかる

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが入力した検索語句(キーワード)に応じて検索結果に表示される広告手法をいいます。「検索連動型広告」とも呼ばれます。

特定の検索語句に対して広告を表示させることができるため、自社の商品やサービスにある程度興味関心を持っている顕在層を集客することができます。 さらに、リスティング広告の課金形式は広告が1クリックされるごとに費用が発生する「クリック課金」になるため、無駄な広告費用の消化を防ぐことができます。

リスティング広告のメリット
①顕在層を集客でき、成果につながりやすい
②SEOよりも即効性がある
③低予算で出稿できる

リスティング広告のデメリット
①SEOよりもクリック率が低い
②潜在層向けではない
③クリエイティブによる訴求ができない

SNS(ソーシャルメディア)広告

SNS広告とは、Facebook、X(旧Twitter)、Instagram、LINE、TikTokといったSNSプラットフォームに広告を配信する手法をいいます。

SNSを利用するユーザーは年々増加しており、より多くのユーザーに認知する場合に適しています。また、動画や画像、カルーセルといった形式での広告配信ができるためクリックされやすいという特徴があります。

各SNS媒体の利用状況を下記の図でご参考ください。

SNS媒体国内ユーザー数性別
Facebook2,600万人以上男性:32.4%
女性:31.4%
Twitter4,500万人以上男性:42.7%
女性:41.8%
Instagram3,300万人以上男性:35.3%
女性:49.4%
LINE9,000万人以上男性:88.0%
 女性:91.7%
Tiktok1,700万人以上男性:15.3%
女性:19.4%
参考URL:令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

SNS広告のメリット
①ターゲティングの精度が高い
②潜在層向けのユーザーにリーチができる
③クリック率が高い傾向がある

SNS広告のデメリット
①50代以降の層にアプローチしづらい
②炎上するリスクがある
③クリエイティブ訴求が重要になる

SNS(ソーシャルメディア)運用

SNS運用とは、Facebook、X(旧Twitter)、Instagram、LINE、TikTokといったSNSアカウントを活用して投稿を行い、認知拡大やユーザーとのコミュニケーションをとる運用手法をいいます。

SNS運用では自社の商品やサービス、ブランド認知、ファン獲得、ユーザーとのコミュニケーションを目的として利用されます。

SNS運用のメリット
①無料で始められる
②拡散力が高い
③ユーザーへの興味関心を高められる

SNS運用のデメリット
①工数がかかる
②炎上するリスクがある
③コンテンツを魅力的なものにする必要がある

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、「成果報酬型広告」とも呼ばれ、アフィリエイターと呼ばれる人が運営するWebメディアやWebサイトに広告を掲載する手法をいいます。

ユーザーはアフィリエイターが運営するWebメディアを閲覧して広告をクリックし、コンバージョン(アプリダウンロード、資料請求、商品購入)に至ったら広告主に対して費用が発生します。 広告主は、広告がクリックされた段階で費用を支払うのではなく、成果につながった段階で費用が発生するため、アフィリエイト広告は費用対効果の高い広告手法になります。

アフィリエイト広告のメリット
①費用対効果が高い
②リスクが低い
③Web媒体によって認知拡大が期待できる

アフィリエイト広告のデメリット
①成果が出るまで時間がかかる
②利用コストが発生する
③意図していない広告が掲載される場合がある

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告とは、複数の広告媒体(Webサイト、SNS、ブログ、ポータルサイト)を集めて広告配信ネットワークを構築し、それらの媒体に広告を配信する手法をいいます。

例えば、Googleのディスプレイ広告を配信する場合、Googleと提携している200万以上のWebサイトやWebメディアに広告を配信することができます。 アドネットワーク広告を利用することで、アドネットワークに加盟している広告媒体にまとめて広告を配信することができるのでより多くのユーザーにリーチすることができ、サイトへの流入増加が期待できます。

アドネットワーク広告のメリット
①多くのユーザーにリーチできる
②一括で多くの媒体に広告配信できるため、手間が省ける

アドネットワーク広告のデメリット
①クリック率が低い
②ターゲットではないユーザーにリーチする可能性がある

LPO(ランディングページ最適化)

LPOとは、Landing Page Optimizationの略で、ランディングページから商品購入や資料請求、お問い合わせといったコンバージョンを向上させることを目的とした改善施策をいいます。

例えば、ランディングページに訪れたユーザーが「お問い合わせをしたいのにお問い合わせボタンがどこかわからない」となった場合、離脱してしまう可能性があります。 ユーザーにとって欲しい情報をわかりやすい場所に表示させ、コンバージョンにつながりやすい導線を作ることでより多くの成果が期待できます。

LPOのメリット
①顧客満足度の向上
②成果につながりやすい

LPOのデメリット
①コンテンツ量がすくないと成果が望めない
②成果が出るまで時間がかかる

EFO(エントリーフォーム最適化)

EFOとは、Entry Form Optimisationの略で、お問い合わせなどで入力するフォームをユーザーにとって使いやすいものに最適化する施策をいいます。

入力フォームは、ユーザーと対話をする場所であり、コミュニケーションをとって信頼を築く場所でもあります。そのため、対話がスムーズに行えるようなフォームに改善しなければユーザーにストレスを与え、コミュニケーションの機会を逃してしまう可能性があります。 入力フォームを使いやすい構成にすることができれば、ユーザーとの対話につなげて成果を高めることが期待できます。

EFOのメリット
①購入やお問い合わせにつながりやすい
②離脱率の低下

EFOのデメリット
①手間がかかる
②効果検証に時間がかかる

メールマーケティング

メールマーケティングとは、メールを利用してユーザーとコミュニケーションをとり、コンバージョンにつなげる手法をいいます。

具体的に、名刺交換や自社サイトの資料請求、お問い合わせなどで獲得した見込み顧客に対しキャンペーン情報や会社情報などをメールで送付し、会社に対する興味関心や購買意欲を高めます。

メールマーケティングのメリット
①低コストで始められる
②見込み顧客の育成ができる

メールマーケティングのデメリット
①効果がでるまで時間がかかる
②コンテンツ作成に時間と工数がかかる

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、過去に1度自社サイトに訪れたことのあるユーザーに対して再度広告を配信することができる広告手法をいいます。

一度自社サイトに訪れたということは、自社商品やサービスを認知もしくは、興味を持ってくれているユーザーになるため、再度広告を配信することでコンバージョンにつながりやすくなります。

リターゲティング広告のメリット
①顕在層へのアプローチができる
②成果につながりやすい

リターゲティング広告のデメリット
①購入の検討が短い商品は向かない
②ユーザーに不快感を与える可能性がある
③顧客データの蓄積に時間がかかる

ウェビナー(webセミナー、オンラインセミナー)運用

ウェビナー運用とは、ZoomやTeamsといったWebツールを活用してインターネット上でセミナーを行う施策をいいます。

会場でのセミナーとは違い、パソコンやスマホ1つで簡単に参加することができ、より幅広い層のユーザーを集めることができます。 さらに、Webツールによっては、どのユーザーが関心度高く視聴してくれたのかといった検証まで行える機能もあります。

ウェビナー運用のメリット
①幅広いユーザーを集めることができる
②低コストで始められる
③場所や人数などの制限なく始められる

ウェビナー運用のデメリット
①集中力が切れやすい
②音声や動画の遅延やエラーが発生する
③参加者の反応がキャッチしづらい

データ分析

データ分析は、Webサイトから得られたアクセス数や閲覧数、コンバージョン数の数値を確認、分析することをいいます。

Webサイトのアクセス分析として代表的なツールが「Googleアナリティクス」です。 Googleアナリティクスを自社サイトと紐づけることで、流入数やページ滞在時間、コンバージョン数など幅広い行動情報が把握できます。 細かなデータ解析を行なうことで、なぜコンバージョンに至らなかったのか、なぜアクセスが少ないのかといった問題点を理解することができ、改善策につなげることができます。

CRM

CRMとは、Customer Relationship Managementの略で、顧客情報やユーザー行動履歴、顧客との関係性を管理し、良好な関係を構築・育成することを目的とした運用をいいます。

顧客との関係性を管理するために「CRMツール」といったシステムを導入する必要があります。
代表的なCRMツールは下記の通りです。

・Oracle CRM
・SATORI
・kintone
・B-dash
・Salesforce Cloud etc…

CRMツールを導入することで、見込み顧客リストの管理やユーザーからのお問い合わせ内容の保存・蓄積、メール配信などが一括で行えるようになり、顧客満足度の向上からリピートにつながりやすくなります。

CRMのメリット
①顧客情報を一元管理できる
②顧客満足度の向上
③リピート率の向上

CRMのデメリット
①コストがかかる
②設定作業に時間がかかる
③社内のセキュリティ対策が必要

\ Webマーケティングについて /

Webマーケティングの費用と料金相場

Webマーケティングの費用は、対応する媒体や手法によって大きく変わります。

ここでは、Webマーケティングの主な手法である「①SNS運用」「②Web広告」「③SEO」を行なう場合の費用や外注に依頼する場合の料金相場についてご紹介します。

①SNS運用
・自社でSNS運用する場合
自社でSNS運用をする場合、費用は発生しません。SNSといわれる各種プラットフォームのアカウント作成はすべて無料で始められます。 ただ自社でSNS運用をする場合、継続的にコンテンツを作成して投稿する作業が必要になるので人的コストがかかることは理解しておきましょう

・外注する場合
外注にSNS運用を依頼する場合は、作業内容によって費用が異なります。

費用相場作業内容
月額 5万円〜10万円投稿コンテンツ作成、配信作業
月額20万円〜30万円SNS運用の企画戦略
投稿コンテンツ作成、配信作業
フォロー活動
コメント返信
月次レポート作成
月1回 ミーティング
月額30万円〜SNS運用の企画戦略
投稿コンテンツ作成、配信作業
フォロー活動
コメント返信
月次レポート作成
SNS広告
インフルエンサーアサイン
月1回 ミーティング

SNS運用は、5万円〜30万円以上と費用に幅があります。依頼する作業が多ければ多いほどその分工数がかかるので費用が発生する仕組みです。 SNS運用を全般依頼する場合、30万円以上かかることを理解しておきましょう。

②Web広告
・自社でWeb広告を出稿する場合
自社でWeb広告を出稿する場合は、広告予算のみになります。 Web広告といっても課金形式はさまざまですが、こちらではリスティング広告を例に広告予算の算出方法をご紹介します。

リスティング広告の場合、費用の発生は広告がクリックされた時の「クリック課金」になります。 例えば、クリック単価が300円、クリック数が1,000回だった場合は、300円(クリック単価)×1,000回(クリック数)=300,000円(広告予算)が発生します。
クリック単価は、競合性が高いか低いかでオークション形式で決まるので、注意して運用することが必要です。

・外注する場合
Web広告を外注に依頼する場合の費用は下記の通りです。

作業項目費用相場作業内容
初期費用10万円アカウントの構築
キャンペーンの設定
キーワード選定
入札調整など
※1アカウントにつき
広告出稿手数料広告予算 × 20%広告説明文作成
広告タイトル作成
分析レポート作成 etc…
クリエイティブ画像作成5,000円〜
※動画の場合、5万円〜
画像作成(リサイズ込み)

Web広告を外注に依頼する場合は、会社によって値段は多少異なりますが、おおよそ10万円程度発生します。 初期費用では、広告を配信するためのアカウント連携作業やターゲティングの基本設定、入札単価などの業務が含まれます。広告出稿手数料では多くの会社の場合、広告予算の対して20%が手数料になります。 最後のクリエイティブ画像では求めるクオリティによって差はありますが、大体5,000円〜で作成してもらえる会社が多いです。

③SEO
・自社でWeb広告を出稿する場合
自社でSEO対策をする場合、記事コンテンツの作成が主な作業になります。そのため、自社に記事執筆が得意な社員がいる場合は、費用は人的コストのみになります。

・外注する場合
SEOはコンサルティング費用や記事コンテンツ作成、リライト作業などさまざまなサービスがあります。サービスによって費用が異なるので下記の表をご参考ください。

作業項目費用相場作業内容
SEOコンサルティング10〜50万円市場調査
市場分析
戦略企画
内部対策
外部対策
コンテンツ作成
添削
指導
SEOサイト設計10〜100万円以上キーワード選定
構成案作成
記事執筆
入稿作業
添削
指導
コンテンツSEO1〜10万円(1記事につき)
記事執筆
外部SEO対策1〜100万円以上外部リンクを使用したSEO対策
内部SEO対策10〜20万円クローラビリティ改善
ユーザビリティ改善
キーワード対策

SEOは、調査から企画まで全般依頼をしようとした場合100万円以上かかる場合があります。
中小企業の規模では、この費用価格をすぐに支払うことは難しいとおもうので、作業の一部を外注をして残りを自社で行うといったことを検討した方が良いかもしれません。

正しいWebマーケティング会社の選び方

ここまで、Webマーケティングの概要から仕事内容、費用相場について解説しました。最後に、Webマーケティング会社を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

①運用だけでなく制作も行っている
Webマーケティングとして企画・運用やデータ分析だけでなく、制作会社の側面も持つ会社がおすすめです。 Webマーケティング会社では、制作業務を外注に依頼するケースが多く、その場合、費用が高くなったり、思っていたものと違う制作物があがってくるといった可能性があります。 運用と制作を同時に行っているWebマーケティング会社であれば、外注依頼の手数料を支払わずに済み、かつ企画から関わっているため効果的なクリエイティブを作成が行えます。

②中小企業のWebマーケティングの実績がある
Webマーケティング会社を選ぶ際は、中小企業のWebマーケティング実績があるかどうかを確認するようにしましょう。大手企業の実績になると、かけられる予算に違いがあるため参考にはなりません。 Webマーケティング会社の自社サイトに「実績」「事例(成功事例)」といった内容で掲載されているのでぜひ確認してみてください。

③オフラインの施策も検討できるか
顧客の購買行動は、Webだけで完結するとは限りません。 例えば、イベントによる集客や店舗の来店数がWeb施策を行った時とくらべてどれだけ向上したのかといったことを考え、オフラインも含めた施策も検討していかなければいけません。 Webといったオンラインだけでなく実店舗を活用したイベントも踏まえた施策を行っている会社はマーケティング会社として強いといえます。

関連記事